特産品燻製イラブー

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

沖縄の特産品といえばちんすこうや紅芋タルトなど有名なものが数多くありますが、独自の食文化を築いてきた沖縄だからこそ味わえる意外なものもあります。その代表的なものの一つに沖縄の離島久高島の特産品イラブーが挙げられます。このイラブーが実はさまざまな効能があります。

イラブー?

まず、そもそもイラブーとは何かについてお話します。イラブーとは「エラブウミヘビ」という毒蛇のことで、その毒は本ハブの70~80倍の強さといわれ、噛まれると死に至る場合もあるほどです。しかし、本来は穏やかな性格で、素手で捕まえたりしない限りは噛まれることはありません。体長は70~150㎝あり、主に南西諸島の海域に生息していますが、近年では温暖化の影響で九州や四国地方でも確認されています。ウミヘビという名前ではあるものの陸上で行動することが多いため、ほかのウミヘビと比較すると海で生活し始めたのは比較的後になってからと考えられています。現在では、乱獲や環境の変化によって個体数は減少傾向にあり、絶滅危惧Ⅱ種に指定されています。

加工

イラブーは、主な加工方法として干物や燻製にされることが多いです。それらを使ったイラブー汁や、イラブー一匹を丸々泡盛に付け込んだイラブー酒などは、昔から久高島の保存食として地元の人たちに慣れ親しまれてきました。他にもイラブーの佃煮などは冷奴やご飯に乗せて食べると絶品です。イラブーはさまざまな加工のもと、たくさんの方に愛されているのです。それでは次に、その加工方法や食材としての歴史、効能について詳しくお話しします。